あの娘の体は抱き枕

あの娘の体は抱き枕~僕専用!とろハメ生人形~


あの娘の体は抱き枕
無料で立ち読みするならコチラ
↓↓↓
あの娘の体は抱き枕
Handyコミック【あの娘の体は抱き枕】※スマホ専用


あの娘の体は抱き枕のストーリーネタバレ

平凡な男子高校生である倉間大貴は、クラスメイトの女の子に恋をしていた。
相手の女の子はクラスでも大人気の詩乃ちゃん。
詩乃ちゃんは可愛くてスタイルの抜群の巨乳の女の子。
大貴は自分の彼女にしたいと思っていた。

今までメールのやり取りもしていたし、世間話程度のおしゃべりもした。
今から告白しても大丈夫。
そう思って告白した大貴だったが、見事フラれてしまった。

メールのやりとりも毎日行っていたのに、告白した日からぱたりとなくなってしまった。
挨拶をしても気まずい感じで目を反らされてしまう。
もう2度とチャンスはない。
大貴はそんな落ち込んだ気分で学校を後にした。

そんな傷心中の大貴にチャンスが訪れた。
怪しい道具屋のおじいさんから抱き枕をプレゼントされたのだ。
怪しい抱き枕だったが、実際に抱いてみるとギュッと気持ちのいい抱き心地……
大貴は抱き枕が気に入った様子。

そしてプレゼントされたおじいさんからアドバイスをもらった。
その抱き枕のネームタグに名前を書くと、書かれた人の抱き心地を味わえる。
そんな不思議な抱き枕だとアドバイスしてもらったのだ。

普通なら、そんな怪しい御まじないは信じないでしょう。
しかし、大貴は詩乃ちゃんに振られ、避けられていたので彼女の名前を書いてみることにした。
詩乃ちゃんの抱き心地を味わえるなら……
そう思って寝ることにした。

夜に大貴が目を覚ますと、さっきまで抱いていた枕が女の子になっていることに気づいた。
もちろん、女の子は大好きだった詩乃ちゃん。
夢!本物?
興奮して錯乱している大貴は、女の子がつけているネームタグにきづいた。
つまり彼女はさっきまで抱いていた抱き枕が変身したのだと。

童貞で好きな女の子が目の前にいる。
男なら憧れるシチュエーションで、興奮しないはずがありません。
大貴は欲望のままに抱き枕である詩乃ちゃんに襲い掛かりました。

『これは詩乃ちゃんじゃない……あくまで抱き枕なんだ!』
自分に言い聞かせて、がちがちになった肉棒を挿入する大貴。
ひたすら朝まで腰を動かし、抱き枕である詩乃ちゃんを犯し続けた。


続きはこちらで読めます


あの娘の体は抱き枕の無料画像

Handyコミック【あの娘の体は抱き枕】※スマホ専用

Handyコミック【あの娘の体は抱き枕】※スマホ専用

Handyコミック【あの娘の体は抱き枕】※スマホ専用



さらに画像を見てみるならこちら


あの娘の体は抱き枕はエロすぎ


あの娘の体は抱き枕を実際に読んでみました。
このエロ漫画は画像から想像できると思いますが、かなりエロいです。

抱き枕という設定も面白くていいんですが、柔らかそうなプニプニの体と見せ方がエロいです(笑)
画質も良く、エロさも十分なので人気があるのには納得ですね。
こんな不思議な抱き枕が実際に売ってたら、即購入して毎晩楽しみたいですw

抱き枕が女の子になるという現実的な設定ではありませんが、エロ妄想しまくりの作品ですね。
立ち読みは完全無料ですので、とりあえずサンプル立ち読みからお試しください!


あの娘の体は抱き枕
無料で立ち読みするならコチラ
↓↓↓
Handyコミック【あの娘の体は抱き枕】※スマホ専用


あの娘の体は抱き枕の続編登場


あの娘の体は抱き枕の続編、「あの娘も僕の抱き枕」について紹介します!

前作では大貴は詩乃に告白しフラれたあげく、ネームタグに彼女の名前を書いてヤリまくるのですが、
今回、大貴の抱き枕のネームタグに書かれてしまう女の子の名前は『一居怜奈ちゃん』

怜奈ちゃんは大貴と同じクラスにして、文武両道の女の子。
成績優秀で真面目な学級委員の女の子。
さらに、学生服の上からでもわかる巨乳の持ち主。

誰も手が出せないクラスメイトの優等生「一居怜奈」を抱き枕にしちゃおうと思っていたのです。

早速、大貴は怜奈の名前をネームタグに書くと抱き枕を抱いて眠りにつく。
深夜に目を覚ます大貴。
大貴の目の前にいるのは、白い抱き枕ではなくパジャマ姿の怜奈ちゃん。
こんな無防備で安心した寝顔を見てしまったら、我慢なんてできません。
たっぷり怜奈ちゃんの魅力を堪能させてもらいました。

女子校生としては大きすぎるバストを揉みまくる大貴。
魔法の抱き枕を手に入れた大貴の抱き枕とエッチしまくりの日々が始まった!

↓詳しくは画像をタップ↓

Handyコミック【あの娘も僕の抱き枕】※スマホ専用